ラーメン

天天有

こちらは、京都でも随一のラーメン激戦区である一乗寺の老舗であります。

しかしながら、京都のラーメンの本流である、鶏ガラ醤油に背脂をチャッチャと散らしたラーメンとは一線を画して進化しております。

まだ鶏白湯という言葉がブームになるよりも数十年前から、この味一筋でがんばっておられます。大学生の頃にアルバイトが終わって先輩に連れてきてもらい、この味に衝撃を受けました。

その当時は、週に3回は通っており、店内が多少混雑しているときでも、そっと順番を割り込ませてラーメンを出していただけることもありました。

いまどき、この価格でこれだけ質の高いラーメンを提供されていることに、頭が下がる思いです。

鶏と野菜をしっかりと煮た鶏白湯スープに、甘みの強いタレを使われており、こってりとしております。こってり具合が日によって多少ブレますが、ご愛嬌。

この味は、他の店では食べたことがありません。

一口啜るたびに、この店に帰ってきたのだなと安心感があります。

麺は、細めで加水率低めのストレート麺であり、歯ごたえがよく、スープをよく吸っておいしいです。香りもいいです。

また、具材は、柔らかく醤油味で煮付けられたメンマが特にお気に入りであります。チャーシューが4枚入っています。これを値段変わらずにチャーシュー2枚と煮玉子の組み合わせに変更することができます。

京都を離れてからも、年に数回は訪れております。本当に好きな味なのです。

一部の評判では、先代の味が良かったとか、店舗改装して味が落ちたとか、酷いものもありますが、今のマスターが真剣に作ったラーメンをおいしくいただきましょうと言いたい。この店は、一時のブームに押されて粗製乱造されるような味ではありません。

死ぬ前に最後の一杯を選ぶとすれば、おそらくこの店を選ぶと思います。

評点

場所

関連ランキング:ラーメン | 一乗寺駅修学院駅茶山駅

天天有 本店ラーメン / 一乗寺駅修学院駅茶山駅

夜総合点★★★★ 4.0

ABOUT ME
野田啓紀
愛知県で司法書士をしております。 こちらでは、私の好きなラーメンのことを中心に、出かけた先で食べたおいしいごはんや旅先の写真を書きとどめていきます。